新型コロナウイルス感染症対策に対する助成金等申請支援について

当事務所では申請の支援をしています。

新型コロナウイルスの拡大に伴う、営業の自粛、売上の減少で困っていらっしゃる法人、個人事業主、フリーランスの方々が多数いらっしゃることと思います。外国人のサポートをメイン業務としている当事務所も、少なからずこの感染症の影響を受けております。

国及び都道府県からこの経済的な影響に対し、助成金、協力金といった形で支援がなされていますが、日々申請に携わっていない方々にとって、申請方法が複雑であったり、この書類で問題が無いか等の疑問があり、申請までスムーズにたどり着けないのではないかと察します。

行政書士は、行政機関に対する申請を専門としており、地域に根差す専門家として、皆様の申請をサポートしてきました。

今回の事態に対しても、東京都感染拡大防止協力金の申請書類の事前チェックをする専門家として、行政書士が指名されています。こちらの事前チェックには、ご依頼者様から費用を頂くようなことはございません。

また、法人200万円、個人事業主及びフリーランサーは100万円が支給される、経済産業省の持続化給付金の申請支援も行っています。こちらは2020年12月までの月で昨年同月比50%以上売上が減少した月があれば、申請可能となっています。感染症が下火になっても経済的な影響は続くことも考えられます。申請でご不明の点等ありましたら、電話でのご相談は無料ですので、下記電話番号までお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ電話番号 090-2907-6354 または 050-6864-9271

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

© 2014 L&P行政書士綜合事務所