お役立ち情報

Subsidy Program for Sustaining Businessess

Corporation,  sole proprietorship or freelancer is available  Subsidy Program for Sustaining Businesses

Corporation will be paid 2 million yen, sole proprietorship or freelancer will be paid 1 million yen at maximum.

We are supporting its application. If you have any question regarding this matter, do not hesitate to contact us.

Our telephone number is 090-2907-6354. 

2回目の東京都の感染拡大防止協力金が始まります

嬉しい知らせが届きました

本日、6月4日、東京都の感染拡大防止協力金の申請書類のチェックをさせていただいた方から、「協力金の50万円が振り込まれました」とのご報告を頂戴しました。別の行政書士からは、私のお客様より後に申請した方がすでに振り込まれているという情報を得ていたので心配していましたが、無事協力金を頂けたようでホッとしました。

2回目の東京都の感染拡大防止協力金の申請は6月17日(水)から

5月7日から5月25日までの期間、東京都の休業要請に全面協力した事業者に対し、感染拡大防止協力金が支払われます。今回も1店舗・施設50万円、最大100万円が協力金として支給されます。申請受付期間は6月17日(水)~7月17日(金)となっており、前回同様専門家による事前確認が予定されており、これがあるとスムーズかつ自信をもって申請ができます。専門家による事前確認に費用は発生しませんので、申請を検討されていらっしゃる方はお気軽に当事務所(090-2907-6354)までご相談ください。

新型コロナウイルス感染症対策に対する助成金等申請支援について

当事務所では申請の支援をしています。

新型コロナウイルスの拡大に伴う、営業の自粛、売上の減少で困っていらっしゃる法人、個人事業主、フリーランスの方々が多数いらっしゃることと思います。外国人のサポートをメイン業務としている当事務所も、少なからずこの感染症の影響を受けております。

国及び都道府県からこの経済的な影響に対し、助成金、協力金といった形で支援がなされていますが、日々申請に携わっていない方々にとって、申請方法が複雑であったり、この書類で問題が無いか等の疑問があり、申請までスムーズにたどり着けないのではないかと察します。

行政書士は、行政機関に対する申請を専門としており、地域に根差す専門家として、皆様の申請をサポートしてきました。

今回の事態に対しても、東京都感染拡大防止協力金の申請書類の事前チェックをする専門家として、行政書士が指名されています。こちらの事前チェックには、ご依頼者様から費用を頂くようなことはございません。

また、法人200万円、個人事業主及びフリーランサーは100万円が支給される、経済産業省の持続化給付金の申請支援も行っています。こちらは2020年12月までの月で昨年同月比50%以上売上が減少した月があれば、申請可能となっています。感染症が下火になっても経済的な影響は続くことも考えられます。申請でご不明の点等ありましたら、電話でのご相談は無料ですので、下記電話番号までお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ電話番号 090-2907-6354 または 050-6864-9271

 

 

出入国在留管理庁(入国管理局)から中華料理店への訪問調査について

2019(令和元)年5月17日付で、出入国在留管理庁(入国管理局)から中華料理店宛に以下の写真にあるような調査依頼の文書が届いているようです。

しかしながら、こうした調査を事前に通知した上で出入国在留管理庁(入国管理局)がすることはありません。

中華料理店の皆様は、出入国在留管理庁職員を装った無銭飲食等にくれぐれもご注意ください。

 

 

 

 

© 2014 L&P行政書士綜合事務所